プロテオグリカンの効果で1番有名な事

変形性関節症

プロテオグリカンの効果で1番有名なのは、ロコモティブシンドロームの予防です。プロテオグリカンはグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などの構成する細胞の間や真皮、軟骨に多く含まれる成分です。保水力はヒアルロン酸を上回ります。

 

日本人のおよそ3千人が発症しているが「変形性関節症」です。女性に多く見られ加齢や肥満が原因とされますが、若い人も発症するリスクがあります。正常な状態では関節を動かすときに、骨と骨の間で軟骨がクッションの働きをします。しかし軟骨が変形したり磨り減ったりすることで、痛みや腫れを伴い、関節が変形した状態になります。軟骨はその70%が水分で、残りをU型コラーゲンとプロテオグリカンで形成しています。プロテオグリカンは軟骨に弾力性を与える効果があります。変形性関節症では、軟骨が損傷したことでコラーゲン線維が破壊され、プロテオグリカンも変性します。しかしプロテオグリカンを摂取すると、軟骨前駆細胞という軟骨の元である細胞が増えます。これは実際の臨床実験に基づいたデータです。よって軟骨の減少を防げるため、進行を止めると考えられています。また抗炎症作用があり、関節痛を緩和させます。

サントリーブランドの安心プロテオグリカンドリン