プロテオグリカンで軟骨再生?膝の痛み緩和?理由は?

運動とのバランス

プロテオグリカンは人体においては関節部分に多く存在し、組織における水分の出し入れを調整する働きを担っています。この働きによって関節の曲げ伸ばしに伴う直接の軟骨同士の接触が避けられ、軟骨の擦り減り防止と負荷の軽減が行われています。

 

 

ですがプロテオグリカンは、加齢や関節部をあまり使わない生活習慣が続く事によって、減少して行く事が解っています。特に体重の数倍の負荷が掛かるとされる膝においてはその影響は顕著で、軟骨組織が損傷し易くなって曲げ伸ばしに伴う膝の痛みの理由となります。

 

 

そこで近年は膝の痛み解消の方法として、プロテオグリカンの外部からの積極的な摂取に注目が集まっています。摂取した成分は吸収時に分解される為に直接的に軟骨再生といった効果を齎す訳ではありませんが、体内でのプロテオグリカン精製の材料として使われ易いものと考えられており、上手く活用されれば痛み緩和の理由とも成り得ます。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸といった他の関節を支える組織となる成分と組み合わせ、サプリに加工して提供されるケースも増えています。運動療法等の組み合わせで適度な刺激を与える事が出来れば、これらの摂取は軟骨再生に充分寄与すると考えられています。

 

サントリーブランドの安心プロテオグリカンドリン